“40代になり健康に対して気になり始めた時、健康診断の糖尿病予備軍と診断されました。好き嫌いはなく自由に食べていたけど、ストレスにより体に症状が出てきて、40代になって特に実感してきます。忙しいスケジュールだと、無意識に胃の消化に悪い食べ物を摂取しすぎてしまい、そんな生活を送りながらの日々でした。

このままではいけないと思い改めて食事の見直しと、野菜・栄養不足を補うために、青汁を試しています。青汁はどれも同じようなものだと思っていましたが、薬局屋さんの青汁・ネット通販の青汁など種類も豊富で、味も違うので色々楽しめます。

もともと甘いもの好きでストレスで食べ過ぎてしまうと、糖分の摂りすぎにより後になって血糖値を気にしてしまいます。そこで血糖コントロールをしてくれる青汁を探していたところ、「アシタバ葉」がおすすめと紹介されていたので、購入し約2週間飲み続けています。

効果としては、肌の調子がいいのとお腹もスッキリとしてきました。飲むタイミングとしては、朝・夜に飲んでいます。そして購入に気をつけている点は、成分表を見て、「青汁でも無糖」を選ぶようにしています。

以前は「青汁=苦味・健康」というイメージだったので、成分表までは見向きもしませんでした。だから成分表を確認せず、青汁を飲んでみると、甘味が増した青汁だったので、美味しくつい飲みすぎることもありました。青汁の中には苦さを消すために、砂糖やシロップをプラスした青汁も含まれています。なのでせっかく糖尿病予防にと、砂糖入り青汁を飲んでもあまり意味がないです。

健康に気をつけようと思っていても、なかなか食事改善まで至らないときでも、青汁と水で混ぜて飲むだけでも、栄養補給にベストです。またスケジュールにより食事ができないとき、携帯用に青汁スティックをいつもカバンの中にいれています。

青汁には種類も豊富なので、鉄不足を補ってくれる「桑の葉青汁」も飲んでみてます。桑の葉なので、他の青汁と比べると苦味が強いです。なので苦味を中和させるために、ヨーグルトやオリゴ糖など組み合わせて食べています。年齢とともに体も変化していくので、それに合った食事も少しずつ変えていくことも大事なことだと思います。